iphoneの修理屋さん

iphone修理に関する情報が満載!

iphone修理の前にデータ移行をすべき理由

修理の前にデータ移行 Appleの公式サポートでは、iphone修理を依頼する前に、内蔵ストレージのデータ移行をしておくことが推奨されています。これは、規定により、ストレージの内容の保持が保証されていないことと、修理の内容によっては、内蔵ストレージを初期化しなければならないケースがあるためです。
データの保存先としては、オンラインストレージのiCloudや、パソコン版のiTunesを使用してハードディスクに保存する方法があります。iCloudでは、アクティベート時に5GBが無料で付与されますが、十分な容量を確保するためには、月額基本料が発生する有料サービスに加入しなければなりません。
一方、ハードディスクに保存する場合は、理論的には、ディスクを増設する限り、無制限にデータを保存できるため、パソコン版のiTunesを使用する方法がおすすめです。
iphone修理が完了して戻ってきたら、バックアップを復元することで、いつでも保存した時点の状態に戻すことができます。

自分でiphone修理を行なう際の注意点

自分でiphone修理を行なう際の注意点 手先が器用な方であれば、家具や雑貨、そしてパソコンなどの修理が自分で進められます。道具や機械は長期間、使い込む事で壊れてしまいます。あるいは本格的に壊れなくても、一部が欠けてしまったり、汚れてしまったり、パーツが劣化します。自分で修理すれば、新型に買い換える必要がありません。
また専門店に預けますと、お金が掛かります。パソコンや家電などは顕著です。一度の修理費はなかなか高めです。更に製品によっては、修理までに数週間、待たされます。その間、パソコンやお料理が出来なくなり、大変不便な思いを強いられます。
また手先が器用な方々はiphone修理も自分で進めています。詳しい方であれば、専用のドライバーで簡単に端末を解体し、部品を取り替えるだけで、iphone修理が出来ます。
ただ、注意点がいくつか存在します。開封したiphoneは、公式のお店で修理依頼が出来なくなったり、買取がNGになる場合が多いです。本当にiphone修理は自己責任が伴うため、要注意です。